筋肉の老化を防ぐスロートレーニング。


  
    こんにちは、buttieです。

 夏全開!猛烈な暑さの日が続いていますが、皆様体調のほうは大丈夫でしょうか?。
午前中から救急車の音が聞こえるたびに、熱中症で運ばれているのではなかろうかと思ってしまいます。
わたしも年々体力の衰えを感じたりしているわけですが、精神的なものが大きく影響してきているような気がしています。人生も半ばの年齢を迎えてからは、なにかと妥協したりするようになり積極性に欠けてきました。

 自分に都合よく言い訳をして、遅疑逡巡するようになりました。
たしかにこの気候、無理をしたりすれば死に関わります。
トレーニングもそうなんですが、買い物などで外に出ることも危険なほど気温が上昇します。

 ですから、なにをするにも時間が限られてしまいます。朝早く、もしくは日が暮れた夕方以降でなくては体調に異常をきたす可能性が高まります。
そうなってくると、朝方、夕方以降に集中して用事を済ましていかなければならず、おのずと優先順位の高いことしかやらなくなってしまうわけですね。
 健康のために、やらなければいけないと思いながらも他の用事や作業で疲れてしまい、トレーニングに時間を使うよりはのんびりしたいなーと思ってしまいます。特にクーラーの効いている部屋に入ってしまったら、もうそこから離れたくなくなります。

 




e="text-align: center;"> スロートレーニング

 ゆっくりした動作でからだを動かすスロートレーニング。成長ホルモンを分泌させ、筋肉の老化を防ぎましょう。


 筋肉の老化を防ぐ為、筋肉トレーニングはとても有効的ですが、何十回と腹筋をするようなイメージを持たれている方が多いように思います。

 筋トレといっても、何を目的にしているかでトレーニング方法は変わってきます。単純に筋力アップを目指すのか、それとも競技に必要な瞬発力を高めるのか、はたまた見た目を重視して筋肉量を増やしたいのか。

 ここでは、あくまで健康維持のため、いくつになっても自分の足で歩き、元気に毎日を過ごせるようにするための方法です。

筋肉の老化を防ぐラクラク運動

 おすすめは、スロートレーニングです。
からだをゆっくりと動かして、筋肉に負荷をかけていくトレーニング法です。
一般的な筋トレメニュー、腕立て伏せや腹筋、スクワット等ありますが、その一つ一つの動作をゆっくりと時間をかけて行うやりかたになります。

 例えば、スクワットなら腰を落としてすぐに上げるのではなく、徐々に腰を下ろして徐々に上げていく感じです。
体への負担は通常の筋肉トレーニングよりも小さくなりますが、効果はしっかりとありますので体力に自信の無い方や運動が苦手という方にはぴったりの方法です。

 回数も必要ありません、慣れてきたら一回の動作に対する時間を長くすることで、トレーニング効果は高まって行きます。
トレーニングを続ける為にも、苦にならない程度の回数で十分です。

 そして、トレーニングを続けることで交感神経が活発化し、アドレナリンや成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンには免疫機能を保ったり、シワを防いだりと老化を抑制する働きがあります。

 スクワットがきついという方には、座った状態でできる 「ニートゥチェスト」 がおススメです。

① 足を伸ばした状態で床に座ります。
② 膝をゆっくりと胸に近づけます。
③ ゆっくりと膝を伸ばします。
④ 繰り返すことで、腹筋が強化されます。


 スロートレーニングとは異なりますが、ヨガも良いと思います。
程よく筋肉や筋などを刺激しつつ、瞑想する。ストレス解消にもなりますし体の柔軟性が上がり、運動能力が高まります。
ストレッチ効果もあります。

 なるべく毎日続けられる、簡単で苦にならない自分に合ったトレーニング法を探してみてください。
いつまでも、元気で楽しい日々が送れるように健康で若々しい肉体を手に入れましょう!