人間以外の動物が話を出来たなら


  こんばんは、buttieです。

 考えたことありませんか?
動物が言葉を喋ることができたらどうなるだろうかって。

 そもそも動物は本能に忠実に生きている、そこに感情というものは存在していないと考えられてきた。
ならば、ヒトと会話するようになるだろうか?、それとも人間のその言語とは違う、同じ動物同士での会話だけに言葉を使うようになるのか。

 もし、人間と言葉を交わせるようになるとしたら、ソコに意志はあるだろうか、気持ち感情をあらわにするであろうか。

 よくアニメ映画などで登場する生き物達は、ヒトと会話出きる場合とそうでない場合とに別れる。
しかし、使っている言葉は人間界のもので会話が成り立っている。
感情豊かで気持ちが籠っている。
単に動物の姿をした人間がそこにいます。

 現実的に考えて、他の生物と会話が成り立つとは思えませんが、言葉の意味を理解して行動してくれるようになったとしたら、ペットはペットでは無くなります。
 本当の意味でパートナーとなりパート(お手伝い)さんとなり(笑)、家族友人というポジションに就くこととなる。
さらに感情を持ち合わせてくるとなれば、ペットから別れを告げられるようになり、怒られたりもする、『この飯まずいよ、食べたくないよ』とか言われるようになるでしょう。

 猿の惑星という映画をご存知でしょうか?
極端な例ではありますが、生き物全てにおいて言葉が使えて感情というものが有るとしたら、現実にああいう事が起こり得るということです。

 ヒトという生物がこの地球上で動物界の頂点を極めてる感がある今の世の中で、全ての動物達が感情を持ち、言葉を話せるようになったら、とんでもないことになりそうですね。

 本能のままに生きる動物は達が本気になったら、私達人間は無力、滅びてしまうでしょうね。
理性というものが、ヒト以外の生物に宿れば多少は共存していけるのでしょうけど。
人間に近しい哺乳類は、感情をや気持ちを持っているような気もしますから、普段から優しく丁寧に接していれば、いざというときに助けてくれるかもしれませんね。
 
 実際に犬🐶なんかは主従関係を持つために
主人を守りますからね。

なんにしても、まだまだ動物やペットの声を聞く事は難しい時代でしょうけど、心の声を聞いてみたい気はありますね。
鳥は飛んでいるとき、頭のなかで何を思っているんだろうとか、馬の本当の気持ちや調子を伺う事が出来たなら
あれの予想に役立てられるなとかね。

 近い未来になるのか遠い未来になるのかわかりませんが、ドラえもんが出現して、ペットとお話しできる世の中が来るのを願っています。