あなたのからだはやわらかい?かたい?


  こんばんは、buttieです。
3月になりました、はやいですね月日がたつというのは、つい最近新年を迎えて頑張るぞと意気込んでいたのに気がつけばもう三ヶ月も過ぎていました。
 みなさんはどうですか?、予定どおり事ははこんでいらっしゃいますか?、目標に向かって計画道理に実行できてますでしょうか?。
 
 私は、計画どおりというには程遠い感じです(とほほ)。
意思が弱いのか、体が弱いのか、どうしても自分の気持ちが楽したい方向に向きがちです。
 後回しにして、後悔するのを分かっていながらも明日でいいやとかいってサボっている自分が今日までいます。
なんとか今日からは、気合を入れて計画どおり頑張っていこうと思います。

 本日は、ストレッチの重要性についてお話しようと思います。

 寒いこの時期は、外に出て運動したりする機会も少なくて、からだが縮こまり硬くなってしまいがちです。
そしてからだを丸めたり、姿勢が悪くなったり、同じ体勢をずっととっていたりして体が固まってしまいスムーズな動きが出来なくなることはもちろん、肩こりや腰痛さらにけだるさといったからだの不調を招いてしまっている現実があります。
 
 実際に体がかたくなるとどういった問題が出てくるのかを具体的な例を挙げていってみましょう。

① 怪我をしやすくなる

  体がかたいということは、関節の可動域が狭いということです。
 例えば足を上げる動作は、太ももの前側の筋肉が縮んで、裏側の筋肉が伸びることで成り立ちます。
  このとき太もも裏の筋肉がかたいと足が十分に上がりません。
 関節や靭帯、腱といった組織も関係しますが、大きくはきんにくのかたさが原因です。
  そして筋肉がかたいことで、看過できない悪影響が体におよぶといいます。
 その典型的なリスクは、怪我をしやすくなるということです。
  つまずいたり、捻挫したり、酷い時には肉離れなんてことも起こりえます。
 自分の予想に反して、思ったほどからだが動いていないため、普段の動きより小さい動きのために階段やちょっとした段差に引っかかってしまったりするのです。
 普段運動しないのに、急にサッカーなどの激しい動きをするスポーツをして大怪我をしたりするのもこのためです。
 寝ているときに、足がつってしまうなどもこれにあたります。

② 疲れがとれない
 
 からだがかたいと、疲れやすくなるリスクもあります。
筋肉は、片方が縮むと片方が伸びる組み合わせがあります。この時、片方の筋肉がかたいと、もう片方の筋肉が余分な力を使って収縮する必要が生じます。
 つまりそれだけ疲れが生じやすいということです。
 からだがかたい人は、日常生活の動きで力みやすくなります、さらに筋肉が硬い状態が続くと、筋肉内を通る血管やリンパ線が圧迫され、血流やリンパの流れが悪くなります。
疲労物質や老廃物の排泄がスムーズにいかなくなり、疲れがとれにくいからだになってしまっているのです。

③ 心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まる

 2番でも触れましたが、運動不足などによっておこる血流の悪循環の影響により動脈硬化になってしまい、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気を引き起こすおそれがあります。
 筋肉とおなじく血管も伸び縮みしています、運動不足などで体がかたくなるのとおなじで、血管も動かしてあげなければ固くなっていくということです。
 動脈硬化というと、コレステロールなど食生活のみだれが強調されがちですが、運動不足でからだがかたくなっていくことも原因のひとつにあげられると思います。

④ アンチエイジング

 体のかたさは、血管年齢にも影響します。
血管が硬くなる=血管年齢が高くなるといっても過言ではないでしょう。
 ある研究機関の報告によると、からだのかたい人が、半年間ストレッチを継続して血管年齢が平均で10歳若返ったとの結果が出たようです。
 そして体がかたいことで、関節の可動域が狭くなってしまい、それらの並びが悪くなってしまい、結果的に姿勢が悪くなってしまうことがあります。
 姿勢が悪いと、年齢以上に老けてみられてしまいます。
動作が鈍かったり、うごきが遅かったりすればなおさらです。

⑤ 肩こり、腰痛、頭痛

 もうこれについては言わなくても分かりますよね、血流やリンパはもちろん、筋肉の可動域が狭いことにより、必要以上に疲労したり無駄に負荷がかかる部分が出てきて、それによりコリが発生しやすくなるということです。
 酷くなれば頭痛ですよね。

と以上ですが、途中でストレッチという言葉が出てきましたが、お気づきになられましたでしょうか?
 運動ももちろんですが、からだをやわらかくする手っ取り早い方法は、やはりストレッチです。
ラジオ体操の応用みたいなもので良いと思います。
 ラジオ体操だって、まじめにやれば結構きついですよ。そして良いストレッチだと思うはずです。
お風呂上りなどは、念入りに行うとより高い効果が期待できます。快眠にも繋がりますしね、良い事尽くめです。
 さあ、あなたも今日から実践してみてください!
ストレッチの具体的なパターンややり方は、説明すると長くなりすぎるので、またの機会にしたいと思います。